> エンディングノート

エンディングノート

個人ゆかりの祭壇飾り

お葬式も人生の一部だから、
最後まで好きなものに囲まれていたい。

お葬式の演出に、貴方の個性を見つけて、ふとほほえみがこぼれる。
思い出が、
悲しみをやわらげてくれることもあります。

あなたらしさを表現する祭壇を

あなたらしい葬儀は、どんな葬儀でしょう。写真から音楽や映像を用いた演出まで。自由なスタイルで行われた葬儀の例をご紹介します。

CASE1 「愛用品」をテーマに

「時計は形見にしよう」「メガネは棺に入れてもっていこう」「携帯電話は処分しておこう」等を考えておきましょう。お棺に納められるものか事前にお問い合わせください。

CASE2 「旅行」をテーマに

旅がご趣味の方は、愛用の旅行カバンを祭壇に飾ったり、思い出の写真を飾ることも可能です。旅先の映像を流しておくようなダイナミックな演出が可能です。

CASE3 「ゴルフ」をテーマに

例えば、愛用のゴルフセットで祭壇を飾り、仏衣の代わりにゴルフウエアで身を包むというご葬儀もOK。大切なのは形式ではなく、貴方らしさです。

私「らしさ」を彩ってくれた、
化粧と同じようなもの。

貴女を彩ってくれたものは、貴女だけがわかるもの。
人生の最後も、貴女らしく彩られていて当然のはず。

あなたらしさを表現する祭壇を

あなたらしい葬儀は、どんな葬儀でしょう。写真から音楽や映像を用いた演出まで。自由なスタイルで行われた葬儀の例をご紹介します。

CASE1 「ファッション」をテーマに

旅立ちの衣装は、白装束でなくてはいけない、という決まりはありません。お気に入りのバッグからとっておきの洋服まで。貴女らしさをより感じられる服装を選んでください。

CASE2 「音楽」をテーマに

お葬式では必ずしも静かに故人を偲ぶという決まりはありません。お気に入りの音楽に包まれながら寛いでいただく。そんなスタイルも選ぶことができます。

CASE3 「花」をテーマに

大好きな花でオリジナルの祭壇を作ることも可能です。花とアロマの香りに囲まれた笑顔の遺影写真は訪れる人の心に残るでしょう。

葬儀のご相談